笑顔の女性

ニキビ跡のタイプ

医学の進歩についての治療法

同じ場所に何度もニキビが出来ると、お肌への負担が大きくなって、皮膚の組織が壊れてしまい傷の跡が残ってしまいます。お肌の敏感の方に多く、治りにくく跡が一生残ると言われています。 ニキビ跡は、3種類のタイプに分かれます。一つ目は、ニキビの炎症が落ち着いて平らになったけれども赤みが残るタイプです。二つ目は、色素沈着して紫色や茶色のシミが残るタイプのニキビ跡です。そして三つ目は、赤い炎症したニキビが、さらに炎症を起こして皮膚の奥の組織が壊されている事で、凸凹状となってお肌の残ってしまうタイプです。 ニキビ跡は、なかなか治りにくい事で治す事をあきらめている方もたくさんいてます。種類によって異なりますが、ニキビ跡を治すのに1年またはそれ以上かかる場合もあります。しかし、着実に食べ物や生活のリズムを整える事で、改善していく事が出来ます。最近の医学の発達で、実際に重度のニキビ跡も改善可能になってきています。これからの医学の発達により、費用も手頃になりエステをする感覚でニキビ跡も改善できるようになっていくと思われます。

ピーリング法について

ニキビ跡の治療の一つとして、ピーリングと言われる方法があります。ピーリングとは、古くなってしまった角質が剥がれないで残ってしまった角質を、酸性の薬で剥がして皮膚の再生能力を高めて、お肌のターンオーバーを助ける治療法です。 ピーリングを行うにあたり、皮膚が薄くなる時があります。この状態の時はお肌の機能は弱い状態になってい、紫外線対策と保湿対策を十分にしないと、皮膚にトラブルが起きる可能性があります。 お肌のターンオーバーが可能なピーリングは、効果が高い分、費用も高くかかってしまいます。皮膚科により費用はさまざまですが、保険が適用されませんので平均で約1万円から2万円になります。 効果は期待できる分費用もかかってしまうので、信頼のできる医者に相談をしてすすめていく事をおすすめします。